HOME > 医療法人社団 永井整形外科医院 > 五十肩・凍結肩の治療 (サイレント・マニピュレーション)

五十肩・凍結肩の治療 (サイレント・マニピュレーション)

サイレント・マニピュレーションで
肩の動きと痛みの改善が期待

肩関節の靱帯や腱などに炎症が起こり、動かす時や夜寝ている時に痛みを生じる状態を、『五十肩』や『肩関節周囲炎』と呼びます。
症状が長引くと関節包が拘縮して肩が上がらなくなり、『凍結肩』と呼ばれます。(図①、②)

治療は、痛みの強い時期には安静・鎮痛剤の内服・肩関節への注射が行われ、少し落ち着いたらリハビリを行いますが、凍結肩まで進行すると改善には長期を要します。

サイレント・マニピュレーションは、超音波ガイド下に肩周辺の神経に麻酔をかけ、硬くなっている関節包や靱帯を徒手的にリリースすることにより、肩の動きを回復させます。
術後は2〜3週のリハビリが必要ですが、肩の動きと痛みの改善が期待できる優れた治療法です。

  • 図① 正常の関節包図① 正常の関節包
  • 図② 拘縮した関節包図② 拘縮した関節包

施術の様子

人とケアと医療を結ぶ永井グループ

医療法人社団
永井整形外科医院

整形外科手術からリハビリ・スポーツ医療まで幅広く対応

医療法人社団 秀和会
かじはらペインクリニック

あらゆる痛みから患者様を開放する専門的な治療に対応

永井循環器内科医院

心臓や血管の病を心臓リハビリなどの専門の医学でサポート

社会福祉法人 敬世会

自立と尊厳を大切にし思いに添った暮らしを支援

株式会社 城山ケアセンター

地域に密着した心あたたまるサービス

PAGE TOPへ